・・・響・・・
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
ノウイング/KNOWING/2009.08.03.Mon.21:00〜/TOHOららぽーと横浜
category: 映画 | author: aliensegg
 っっっっっっっっっっっっっっっっっっざけんなっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

終盤

終盤の終盤クライマックス結論部分

イラー・・・っと

じわじわじわと・・・

怒りがこみあげて

最後のエンドロールの名前と音楽でもう煮えまくり。

すっげーむかつく。

あいつらだからあんなことができるんだ。

西洋人

キリスト教徒

リセットの前提と選民思想

それが今の世の中をつくりあげてきたんだ。

途中まではよかった。

映像もすっごい綺麗で迫力があった。

展開も絵も音も

すごくよかった。

車かっけーし。

けど!!!

全てがあーゆう思想のもとつくられてて

あの結末へ向かって行ってたんだと思うと

嫌。

完全になめきってる。

丸投げ。

そして全削除。

どうしよーもないものは

””しょーがないね。””

でオシマイ。

手の付けようがないものは

””じゃーとりあえず全部なかったことにして””

さいあくだ。

comments(31) | trackbacks(39) | PAGE TOP↑
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/The Curious Case Of BENJAMIN BUTTON/2009.02.20.Fri.24:00〜/TOHOららぽーと横浜
category: 映画 | author: aliensegg



すごく普遍的な映画だった。

別に今やらなくっても、今みなくってもいい、
いつつくっても、いつみてもいい映画だと思う。

けど、それをつくるタイミングも、みるタイミングも、今しかなかったんだと思う。

俗に言う「メッセージ性」は強い映画だけど、

べつになんにも言ってないよ。

ただ目の前に、みせてくれているだけ。





「変わらないものはある。」
「真理は必ずひとつ。」

けどそんな普遍的なものって、難しいところに潜んでるわけじゃない。

頭がいいっぽいことを言うひとのコトバや、

分厚い書物や、

歴史とか

そんなところをさがしたって普遍的なものなんかみつからない。

もし、そんなところをさがしてみつかったとしたら、

それは、別にそのものの中にあったわけではなく、

たまたまそのものの中に真理を孕むものが含まれていたからってだけ。

人間の真理は人間からしかみつけることなんかできない。





さまざまな空間があるけど、であう瞬間的な空間は同じで、

さまざまな時間があるけど、であう瞬間的な時間は同じで、

ひとはそうして、自然に生きていくものなんだ。













ひとは、環境で育てられていくんだね。
ベンジャミンの動き方、喋り方、ずっと一貫して同じだった。
いくつになっても。
すごいわぶらぴ。
最後の、子供になっちゃったときだけは、自分でできなかったから仕方ないけど・・
もし、あそこまで一貫されてて、しかも目に表情があれば、確実に別格の、映画を越えた映画になってたと思う。
3時間てめっちゃ長いと思ってたけど、全然!
長いのは確かに長いんだけど、、
早さがなかった。
普通に、ただ淡々と、同じペースで時が流れてるだけだった。
しずかで、ゆっくりと、淡々と、自然に時が流れていく、
そんな感じ。
何かをみせられているんじゃなくって、目の前でただ事が起こってただけ。
それから、すっごい綺麗だった!
色が!!
映像と音楽でつくられた空間の雰囲気とかに、なんだか日本的なものを感じた。
なんでだろ。
普通の西洋の感覚ではない。
けどきっと、どんなひとでも、ひとを越えちゃえば西洋も東洋も関係なくなるんだろーな。
とにかく最近みたなかじゃ確実にいちばん!!!ってゆえる映画でした。

comments(4) | trackbacks(29) | PAGE TOP↑
エレジー(2009.2.9.MON.16:25〜)
category: 映画 | author: aliensegg


愛をしってしまうと
ひとは臆病になる。

自分の弱さに気付き
これまでの自分の世界の常識が通用しなくなって
暴走する愛に
なすすべはなく。
導かれる先は
愛が去った世界。

愛すれば愛するほど、
不安は膨らみ
心配でしょーがなくって
制御のできない言動。

嫉妬心
独占欲

《束縛》

相手を縛っているようで
結局そんなことできるはずもなくって
自分自身を縛り上げることになる。

一緒にいたいのに
一緒にいたいのに
一緒にいたいのに

そんな想いがふたりを裂くなんて

絶対におかしい。

諦めちゃいけないし
逃げちゃいけないし
安心しちゃいけないし
自暴自棄になっちゃいけない。

未知の世界を共に探り歩いて行かなきゃ。

だってそんなひとに出逢えたってだけで滅多にないすっごいことなんだから。

Take hold of my hand,
For you are no longer alone.
Walk with me in hell

comments(0) | trackbacks(3) | PAGE TOP↑
PIRATES OF THE CARIBBEAN-AT WORLD'S END-(2007.5.27.SUN.10:30〜)
category: 映画 | author: aliensegg
立場とか

世界とか

そんなんが変わったくらいで揺らぐ

魅力とか

信用とか

計画とか

はなっからたいしたことないのよ。







先のことを見通して

未来に希望描いて

熟考に熟考を重ねコマをすすめる今は

みんながそうして出来上がる今は

思い描いたとおりの未来なんかつくれない。

伏線をはって

騙して

駆け引きして

本当に望むものからは離れていくの。

本当に望むものを壊すの。

互いの愛が互いを壊すの。

人間ってばかだ。




『明日死ぬかもしれないじゃない!!』




そう、だからあたしはあなたに会うたびにいとおしい眼差しでみつめて愛してるってこころの中で囁いて他のヒトには絶対に向けない笑顔を向けて好きですってゆってたのに。結局どこかで間違えた。やめてしまった。先を考えてしまった。違う種類の歪んだ欲を抑えられなかった。




やりだしたら止まらない。

動かずにはいられない。

御託並べてる隙もない。

ただまっすぐに、そこにあるものをみつめてる。

みえない相手

みえない未来

勝手な妄想ですれちがうなんてばかみたい。

お互い同じものを求めているのに。

止まったところで終りなのよ。

HAPPY GO LUCKY♪♪

やりたい放題やってやる。

態度で魅せてやろうじゃないか。

origin...

*愛*
comments(0) | trackbacks(55) | PAGE TOP↑
BABEL(2007.5.16.WED.18:40〜)
category: 映画 | author: aliensegg
結局人間は他人なんだ。

わかりあえるはずなんかないんだ。

理解したいなんて、

綺麗な感情じゃない。

理解してほしいなんて、

あつかましいにも程がある。

それでもどうしてヒトは、

ヒトを求めずにいられないんだろう。

そしてどうしてヒトは、

自分が求めた状況とは正反対の態度をとってしまうんだろう。

他人を愛したくて

他人に愛されたくて

存在意義をみつけるのに必死で

けど結局自分のことしか考えられない私たちは

本当に傲慢で どうしようもなくて 矛盾に満ち満ちていて

他人を傷付けることばかりなんだ。

そして自分を責めて

他人を責めて

自分を責めてもらって

他人に責任を転嫁して

「自分は悪くない」

って思ったりして。

全部逃げているだけだから。

事実を有りのまま受け入れて、

ここはあなたが間違ってた。
ここは私が間違ってた。

それと他人に責任を転嫁してしまうのとは違う。

自分が悪かったところを認めて見つめて

それと責めてもらうのは違う。

“謝る”

それは相手のため?
自分のため?

自分の気を楽にするためでしょう・・・

そして責め蔑んでもらうことで、自分が犯した過ちが少しでも軽くなる気がする。

そんなことあるわけがないのに。

だから絶対本当のところなんかひとにみせないんだ。

迷惑がってたり
面倒だったり
うざかったり
相手にできなかったり
もてあましていたり

それでも笑顔を浮かべて未来があるようなことばを並べる。

約束を結んでくれる。

そんなのやさしくない。

やさしさじゃない。

少なくとも相手のことを思っての行為じゃない。

ほら、やっぱり自分のことしか考えてない。

・・・お互いに。

同じ文化の中で生きていても

同じ言語の中で生きていても

そんなの関係なく私たちはみんな他人であって、別のものであって、相容れることなんかありえないのに。







今世界はつながっていて

自国

他国

区別して、

戦争したり

助け合ったり

憎みあったりとか

なんか色々な関係があるけど。

違う文化がそこにはあって。

世界中の人々は世界中へ行くことをやめれなくて、

とてもとても とても

混ざり合い入り組んだ世界がここにはある。

異なった文化があり 習慣があり 環境があり 法律があり お金があって、

でも人間は人間。

人間が社会で生きていくための社会は

法律は文化はお金は

あらゆるものは

生きていくためのものから 命を脅かしかねないものへと姿を変えてゆく。

助けてくれるはずのものが 邪魔で邪魔でしょうがない。

人間は人間。

生きているの。





わかりたいしわかってほしいし

いっしょにいたいよ。

傲慢なことだって

勝手なことだって我儘なことだって

わかってる。

わかってるんだ。

それでもおさえられないこの気持ちを

・・・どうしたらいい?




*愛*
comments(0) | trackbacks(9) | PAGE TOP↑
マッチ・ポイント (恵比寿ガーデンシネマ 2006.9.8.Fri.)
category: 映画 | author: aliensegg
ボールがネットの上に当たって はずんで
ツイている時は向こう側に落ちて、勝つ
ツイてない時はこっち側に落ちて、負ける
勝負は運が決め
人生はコントロールできない―


運が全てを握ってる。
勝利も敗北も、運により左右されてしまうことがないなんて言い切れない。
けど、『運が良い』ことが『良い』結果を生むとは限らない。
『運が悪い』ことが『悪い』結果を生むとも限らない。
通常なら運が悪いところ。
通常なら負けのところ。
そのおかげで結果的に自らが救われること。

強運

幸福

けどそれは本当に幸運?

結局は自分次第。


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
SEARCH