・・・響・・・
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
世界報道写真展2005-WORLD PRESS PHOTO 2005- (東京都写真美術館 2005.7.7.)
category: 写真 | author: aliensegg
いちばん印象に残った写真。いちばん怖かった写真・・・中国の工場の写真。
1枚目は、大きな工場の作業場で、同じ服を着た従業員が横は5列で縦にず〜っと並んで、みんなで同じ方向を向いて社歌をうたっているもの。
2枚目は、女のひとが働く工場。狭い通路に背中合わせに机がずらー…っと並んでる。みんなただひたすら机に向かい作業をすすめ、その間を見張りっぽいふたりの女の人がずっと歩いてまわってる。昔みた戦後の日本の白黒映像と全く同じ。
3枚目は工場の食堂で、女の人たちがぎっしりつめよって必死にごはんを食べてる。同じものを、同じ格好をして。
最後の写真は会社の寮のベランダを外から撮ったもの。定規で線を引いたみたいに、同じ大きさ、形の部屋がたくさん続き、布団や洗濯物が隙間なく干されてた。小学校のときに飼っていた蚕を思い出した‥。
すごく冷たい、機械的な絵。命が管理されているように思えた。本来そんなものではないと思っているけど‥。彼等はあのなかで、何を目指し、何を想い生きているんだろう 働くのだろう…。
今、中国は急激な経済成長をしていると騒がれているけど、その経済を支える労働者たちの姿があれ・・・。自由も希望もあたたかさもなにも感じられなかった。あのままでのこれ以上の成長はすごく危険な気がした。今は世界がつながっているから余計に。
もちろん、愛はたった4枚の写真をみただけだからそれだけで判断するのも危険なことだけど。
中国の今のありのままの姿をみにいきたい。

それから、全体をみて感じたこと。
世界にはたくさんの国がある。それぞれがそれぞれの歴史も持ち、文化も社会もなにもかも違う。わたしたち人間は、そのそれぞれ異なる環境に産まれ、成長し、生きている。ヒトは先天的に持っているものを秘めながら、後天的に育ち人間になっていく。様々な時代、様々な環境のなかで。そしてどの国に産まれるのかは選ぶことができない。
アメリカ、ヨーロッパ、カナダ、中国、韓国、アフリカ、日本、中東地域・・・
それぞれ全く違う環境の中に産まれ育ったひとたちは、価値観も視野もなにもかもが違う。だから、たくさんある世界での出来事の、なにに、どのような方向から目を向けるのかも全く異なる。それはもちろん、同じ民族でも当たり前に有り得ることだけど。“世界報道写真展”をみていちばん感じたのはそれ。それぞれの写真には撮ったひとの名前と国籍がかいてあって。報道写真ってのは誰かに何かを伝えようと撮るわけで。それってのは自分がいちばん伝えたいものを伝えたい方向から撮るわけで。同じ出来事の写真でも、国籍が違うと全く違うものにみえる。大きな方向性は同じことを訴えようとしているものでも、国籍が違うと深いところにあるものが全く違う。国籍だとか民族だとかそういうことを気にするのはすきじゃない。けど、なんの意識もなくみてまわって感じてしまったこと‥。やっぱり産まれ育った場所の影響は大きい。あたりまえ。それを踏まえたうえで、世界中のあらゆる国籍のひとたちが、世界中のあらゆる出来事の写真を、あらゆる方向からとらえ、それをひとつの空間に展示する・・・。その姿が、愛にはなんだかすてきなことに思えたの。いいとかわるいとかじゃなくて。いろんなひとの、いろんな想い・・・みんなが一生懸命になにかをしようとしている。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
超ヴィジュアル-映像・知覚の未来学- (東京都写真美術館 2005.7.7.)
category: 写真 | author: aliensegg
おもしろかった!!!
おきにりは、机のうえにあるいろんな・・・スプーンとかじょうろとかうえきばちとかフォークとか、ステンレス・・・でできてんのかなあ?さわったらいろんな影がでんの!うえきばちにはおはながさいて、ライターからは火がでて、じょうろは水、あとひとがとびでたりとかなんかいっぱいあった!!!じょうろと火と水と人間がとぶのを同時におすと、ひとは火に焼かれ水をかけられはなのうえにおちる。おもしろい♪♪他にもはとがとんだり釘うちつけたりなんかあっておもしろかった〜♪
それから不思議なまっしろの部屋。
展示されてるとこはずっと暗くて、その奥に更に暗い通路があるから行ってみたけど…いきどまり。うろたえてたらおねえさんがおしえてくれた!!「こちらのドアをあけてなかにおはいりください」
だって!!
なかにはいってみたら、まっしろいへや!白すぎてもやがかかってみえるほど。ふしぎなへんな箱の中にシマウマ。それとは別のちいさいはこが4つ・・だったかなあ。skullやスニーカーが入ってた。ともだちは家にこんな部屋あればいいのにって言ってたけど、愛は絶対嫌。あんなこわいとこ。十分もいれば発狂寸前・・・
けどたまにはおもしろいよね。気に入って帰りにもっかい寄っちゃった♪
なんだかおもしろ〜〜い展示だった!!

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
SEARCH